グスコーブドリは、イーハトーヴの大きな森のなかに生まれました。

おとうさんは、グスコーナドリという名高い木こりで、どんな大きな木でも、まるで赤ん坊を寝かしつけるようにわけなく切ってしまう人でした。


ブドリにはネリという妹があって、二人は毎日森で遊びました。

ごしっごしっとおとうさんの木をく音が、やっと聞こえるくらいな遠くへも行きました。二人はそこで木いちごの実をとってわき水につけたり、空を向いてかわるがわる山鳩やまばとの鳴くまねをしたりしました。するとあちらでもこちらでも、ぽう、ぽう、と鳥が眠そうに鳴き出すのでした。


おかあさんが、家の前の小さな畑に麦をいているときは、二人はみちにむしろをしいてすわって、ブリキかんでらんの花を煮たりしました。

するとこんどは、もういろいろの鳥が、二人のぱさぱさした頭の上を、まるで挨拶あいさつするように鳴きながらざあざあざあざあ通りすぎるのでした。


ブドリが学校へ行くようになりますと、森はひるの間たいへんさびしくなりました。そのかわりひるすぎには、ブドリはネリといっしょに、森じゅうの木の幹に、赤い粘土や消し炭で、木の名を書いてあるいたり、高く歌ったりしました。


ホップのつるが、両方からのびて、門のようになっている白樺しらかばの木には、「カッコウドリ、トオルベカラズ」と書いたりもしました。


そして、ブドリは十になり、ネリは七つになりました。

ところがどういうわけですか、その年は、お日さまが春から変に白くて、いつもなら雪がとけるとまもなく、まっしろな花をつけるこぶしの木もまるで咲かず、五月になってもたびたびみぞれがぐしゃぐしゃ降り、七月の末になってもいっこうに暑さが来ないために、去年いた麦も粒の入らない白い穂しかできず、たいていの果物くだものも、花が咲いただけで落ちてしまったのでした。


そしてとうとう秋になりましたが、やっぱりくりの木は青いからのいがばかりでしたし、みんなでふだんたべるいちばんたいせつなオリザという穀物も、一つぶもできませんでした。野原ではもうひどいさわぎになってしまいました。


ブドリのおとうさんもおかあさんも、たびたびたきぎを野原のほうへ持って行ったり、冬になってからは何べんも大きな木を町へそりで運んだりしたのでしたが、いつもがっかりしたようにして、わずかの麦の粉などもって帰ってくるのでした。

それでもどうにかその冬は過ぎて次の春になり、畑にはたいせつにしまっておいた種も播かれましたが、その年もまたすっかり前の年のとおりでした。

そして秋になると、とうとうほんとうの饑饉ききんになってしまいました。

もうそのころは学校へ来るこどももまるでありませんでした。ブドリのおとうさんもおかあさんも、すっかり仕事をやめていました。

そしてたびたび心配そうに相談しては、かわるがわる町へ出て行って、やっとすこしばかりのきびの粒など持って帰ることもあれば、なんにも持たずに顔いろを悪くして帰ってくることもありました。

そしてみんなは、こならの実や、くずやわらびの根や、木の柔らかな皮やいろんなものをたべて、その冬をすごしました。
けれども春が来たころは、おとうさんもおかあさんも、何かひどい病気のようでした。


ある日おとうさんは、じっと頭をかかえて、いつまでもいつまでも考えていましたが、にわかに起きあがって、

「おれは森へ行って遊んでくるぞ。」

と言いながら、よろよろ家を出て行きましたが、まっくらになっても帰って来ませんでした。

二人がおかあさんに、おとうさんはどうしたろうときいても、おかあさんはだまって二人の顔を見ているばかりでした。


次の日の晩方になって、森がもう黒く見えるころ、おかあさんはにわかに立って、炉にほだをたくさんくべて家じゅうすっかり明るくしました。

それから、わたしはおとうさんをさがしに行くから、お前たちはうちにいてあの戸棚とだなにある粉を二人ですこしずつたべなさいと言って、やっぱりよろよろ家を出て行きました。

二人が泣いてあとから追って行きますと、おかあさんはふり向いて、

「なんたらいうことをきかないこどもらだ。」

としかるように言いました。


そしてまるで足早に、つまずきながら森へはいってしまいました。

二人は何べんも行ったり来たりして、そこらを泣いて回りました。とうとうこらえ切れなくなって、まっくらな森の中へはいって、いつかのホップの門のあたりや、わき水のあるあたりをあちこちうろうろ歩きながら、おかあさんを一晩呼びました。森の木の間からは、星がちらちら何か言うようにひかり、鳥はたびたびおどろいたようにやみの中を飛びましたけれども、どこからも人の声はしませんでした。とうとう二人はぼんやり家へ帰って中へはいりますと、まるで死んだように眠ってしまいました。


ブドリが目をさましたのは、その日のひるすぎでした。
おかあさんの言った粉のことを思い出して戸棚とだなをあけて見ますと、なかには、袋に入れたそば粉やこならの実がまだたくさんはいっていました。ブドリはネリをゆり起こして二人でその粉をなめ、おとうさんたちがいたときのように炉に火をたきました。


それから、二十日はつかばかりぼんやり過ぎましたら、ある日戸口で、

「今日は、だれかいるかね。」

と言うものがありました。おとうさんが帰って来たのかと思って、ブドリがはね出して見ますと、それはかごをしょった目の鋭い男でした。その男は籠の中から丸いもちをとり出してぽんと投げながら言いました。

「私はこの地方の飢饉ききんを助けに来たものだ。さあなんでも食べなさい。」

二人はしばらくあきれていましたら、


「さあ食べるんだ、食べるんだ。」

とまた言いました。二人がこわごわたべはじめますと、男はじっと見ていましたが、


「お前たちはいい子供だ。けれどもいい子供だというだけではなんにもならん。わしといっしょについておいで。もっとも男の子は強いし、わしも二人はつれて行けない。おい女の子、おまえはここにいてももうたべるものがないんだ。おじさんといっしょに町へ行こう。毎日パンを食べさしてやるよ。」

そしてぷいっとネリを抱きあげて、せなかの籠へ入れて、そのまま、

「おおほいほい。おおほいほい。」

とどなりながら、風のように家を出て行きました。

ネリはおもてではじめてわっと泣き出し、ブドリは、

「どろぼう、どろぼう。」

と泣きながら叫んで追いかけましたが、男はもう森の横を通ってずうっと向こうの草原を走っていて、そこからネリの泣き声が、かすかにふるえて聞こえるだけでした。


ブドリは、泣いてどなって森のはずれまで追いかけて行きましたが、とうとう疲れてばったり倒れてしまいました。